お前はラブライブ以外の記事を更新するつもりがないのか、と言われそうですが、ちゃんと他のこともしてますよ。
今はFLOWERSのマユリルートが終わったところです。
全部終わったら感想記事でも書く予定です。


前回の記事で「次回はにこの家に突撃するのでは」と予想しましたが当たりましたね…正確にはまきりんぱなではなくμ’s全員でしたが。
あとこころとここあが登場するという展開も予想通り…弟のコタローについては存在すら知りませんでした。
だってだってSID読んでないんだもの…


では気になったシーンをいくつか。

4

μ's予選敗退!?→「という夢を見たんだ!」→「夢かい!」からのOP冒頭の「さぁ夢をかなえるのは皆の勇気…」の流れには笑いました。いやいや叶えちゃアカン…
わざとなのか意図せずしてなのか。
個人的に「夢」という話題が不思議で好きだったりするので、穂乃果の「違うことをしないと正夢になっちゃうよー!」の発言にはこう…心をくすぐられるものがありました。
μ'sが予選敗退する夢を見たということは、穂乃果の中でも「敗退してしまうかもしれない」という気持ちが少なからずあったということなんでしょうか。
前回でも「ここまでやってきたんだから大丈夫」という発言をしておきながら実はちょっぴり不安だったとか。
一番心配していなさそうな穂乃果がそういう夢を見たというのが不思議ですね…
それにしても何も結果を知る前にそんな夢の話をしなくてもいいのに。ちゃんと予選突破できたからよかったものの。


Untitled

にこちゃんと追いかけっこ!
のシーンで一番笑ったのがここです。胸…
二期になってから凛ちゃんが不遇キャラとしてキャラ付けされているような気がしないでもない。
多分ここの希は自分の胸のせいで足止めされたとはいえ、これでよかったと思ってるのかもしれませんね。あんまり悔しそうにしてないし。


1

きちんと8人分お茶を入れるこころちゃん。
湯呑が8個あるのも驚き(普通の家庭はそれくらいあるのかな?)ですが、あまり貧乏に見えない矢澤宅。
ソファも大きかったしにこちゃんの部屋も豪華?だったし。まぁにこちゃんの場合はコミックスでもバイトしている描写があったので、アニメでも実は隠れてバイトしてても不思議じゃないですが。
でもアニメとコミックスとCDドラマとSIDは設定がすべて同じというわけではないので一緒にできない部分もあります。
きちんとお客様にはお茶を入れる、というしつけがされているこころちゃんいい子ですね。
親御さんの教育がちゃんとされているのが伝わってきます。


さて、今回の話でわかったのが「にこは8人のことをバックダンサーとして妹弟に話していた」ということですが、
これについて…うーん。
つまりにこちゃんは8人のことを「バックダンサー=引き立て役」としてしか思っていなかったのかな、と。
本当にそう考えていたわけではないとは思いますが、これを知った8人の感情というのは…
妹弟の前では「宇宙ナンバーワンアイドル」でないといけなかった。それはなぜ?アイドルであれば、グループで活動していると言っても差し支えなかったんじゃないか?
どうしてもそこがわからなくてですね…見ながらうんうん唸ってました。
最終的に「みんなと一緒にいるにこが一番輝いてる!」という結論になったのでいいのですが…気付くの遅い気も。
なぜ今なのかと。そこは9人全員の活動が始まったころに気付いてもいいんじゃないかと…
もやもやするので色々と考えたいですね、ここは。



以前からにこと真姫は「正反対のようでいて実はそっくり」な存在だと思っているのですが、今回はそれがわかりやすかったですね。


真姫「にこちゃん、いじっぱりで相談とかほとんどしないから…」
凛「真姫ちゃんに言われたくないけどね」
真姫「うるさいー!」

真姫「もう、にこちゃんどんだけプライド高いのよ…」
凛「真姫ちゃんと同じだね!」
真姫「茶化さないの!」



ここの会話ですが、真姫ちゃんやっぱりにこちゃんのことをよく見てるんだなーと。
自分と似ているからこそ、自然と目につくのかな?
世間でにこまきが流行っているのも、正反対のようでいてそっくりという二人の関係性がファンの想像を呼んでいるからなのかも。


2

次回のラブライブ!
ええ!?タキシード着ちゃったのォ!?
絵里と真姫ちゃんがハマりすぎですね…
よく見るとにこと花陽だけスカートっぽくひらひらしてるのが可愛い。
「新しい自分の魅力を見つけよう!」とかいう回なのかな…?
だから男装にもチャレンジしてみようとか??


では!('ω')ノ