暗い部屋から見る青空

エロゲーやアニメなどをレビュー・考察・雑記していくブログ。基本的にネタバレ注意です


どうしてこんなに間が空いてしまったのか、自分でもいつのまにかタイムスリップしたんじゃないかと疑うくらい間が空いてしまったわけですが…
どうにもこうにも忙しくて、記事を更新するだけの時間と気力とモチベーションがなくてですね…

はい。言い訳になるのでやめておきます。
まぁこのブログ自体ほとんど見てる人もいないと思うので別にいいかなとか思ったり思わなかったり…


というわけでラブライブ8話感想です。
前回更新した4話からだいぶ話数が開いてしまったわけですが、 どうしても今書き留めておきたいので記事にすることにします。
個人的に凛ちゃん回の5話もかなり衝撃が大きかったので形にしたいのですが…あとでその気になれば書きたいと思います。(書かないフラグ


それでは追記で。 続きを読む


お前はラブライブ以外の記事を更新するつもりがないのか、と言われそうですが、ちゃんと他のこともしてますよ。
今はFLOWERSのマユリルートが終わったところです。
全部終わったら感想記事でも書く予定です。


前回の記事で「次回はにこの家に突撃するのでは」と予想しましたが当たりましたね…正確にはまきりんぱなではなくμ’s全員でしたが。
あとこころとここあが登場するという展開も予想通り…弟のコタローについては存在すら知りませんでした。
だってだってSID読んでないんだもの…


では気になったシーンをいくつか。

4

μ's予選敗退!?→「という夢を見たんだ!」→「夢かい!」からのOP冒頭の「さぁ夢をかなえるのは皆の勇気…」の流れには笑いました。いやいや叶えちゃアカン…
わざとなのか意図せずしてなのか。
個人的に「夢」という話題が不思議で好きだったりするので、穂乃果の「違うことをしないと正夢になっちゃうよー!」の発言にはこう…心をくすぐられるものがありました。
μ'sが予選敗退する夢を見たということは、穂乃果の中でも「敗退してしまうかもしれない」という気持ちが少なからずあったということなんでしょうか。
前回でも「ここまでやってきたんだから大丈夫」という発言をしておきながら実はちょっぴり不安だったとか。
一番心配していなさそうな穂乃果がそういう夢を見たというのが不思議ですね…
それにしても何も結果を知る前にそんな夢の話をしなくてもいいのに。ちゃんと予選突破できたからよかったものの。


Untitled

にこちゃんと追いかけっこ!
のシーンで一番笑ったのがここです。胸…
二期になってから凛ちゃんが不遇キャラとしてキャラ付けされているような気がしないでもない。
多分ここの希は自分の胸のせいで足止めされたとはいえ、これでよかったと思ってるのかもしれませんね。あんまり悔しそうにしてないし。


1

きちんと8人分お茶を入れるこころちゃん。
湯呑が8個あるのも驚き(普通の家庭はそれくらいあるのかな?)ですが、あまり貧乏に見えない矢澤宅。
ソファも大きかったしにこちゃんの部屋も豪華?だったし。まぁにこちゃんの場合はコミックスでもバイトしている描写があったので、アニメでも実は隠れてバイトしてても不思議じゃないですが。
でもアニメとコミックスとCDドラマとSIDは設定がすべて同じというわけではないので一緒にできない部分もあります。
きちんとお客様にはお茶を入れる、というしつけがされているこころちゃんいい子ですね。
親御さんの教育がちゃんとされているのが伝わってきます。


さて、今回の話でわかったのが「にこは8人のことをバックダンサーとして妹弟に話していた」ということですが、
これについて…うーん。
つまりにこちゃんは8人のことを「バックダンサー=引き立て役」としてしか思っていなかったのかな、と。
本当にそう考えていたわけではないとは思いますが、これを知った8人の感情というのは…
妹弟の前では「宇宙ナンバーワンアイドル」でないといけなかった。それはなぜ?アイドルであれば、グループで活動していると言っても差し支えなかったんじゃないか?
どうしてもそこがわからなくてですね…見ながらうんうん唸ってました。
最終的に「みんなと一緒にいるにこが一番輝いてる!」という結論になったのでいいのですが…気付くの遅い気も。
なぜ今なのかと。そこは9人全員の活動が始まったころに気付いてもいいんじゃないかと…
もやもやするので色々と考えたいですね、ここは。



以前からにこと真姫は「正反対のようでいて実はそっくり」な存在だと思っているのですが、今回はそれがわかりやすかったですね。


真姫「にこちゃん、いじっぱりで相談とかほとんどしないから…」
凛「真姫ちゃんに言われたくないけどね」
真姫「うるさいー!」

真姫「もう、にこちゃんどんだけプライド高いのよ…」
凛「真姫ちゃんと同じだね!」
真姫「茶化さないの!」



ここの会話ですが、真姫ちゃんやっぱりにこちゃんのことをよく見てるんだなーと。
自分と似ているからこそ、自然と目につくのかな?
世間でにこまきが流行っているのも、正反対のようでいてそっくりという二人の関係性がファンの想像を呼んでいるからなのかも。


2

次回のラブライブ!
ええ!?タキシード着ちゃったのォ!?
絵里と真姫ちゃんがハマりすぎですね…
よく見るとにこと花陽だけスカートっぽくひらひらしてるのが可愛い。
「新しい自分の魅力を見つけよう!」とかいう回なのかな…?
だから男装にもチャレンジしてみようとか??


では!('ω')ノ



というわけで早速ですが感想をつらつらと書いていきます。
今期視聴しているアニメはラブライブ、ジョジョのみなのでアニメ関連の記事は少なくなるかな…?
私自身全身全霊のガチラブライバーなので、ラブライブに関しては長めになるかもしれません。


始めに。
ラブライブ三話は一期でも要となる重要な回だったため、今回もそうなるかとある程度予想はしていました。
が、思ったよりインパクトが少ない…?
予選でライブシーンがあるということは事前にわかっていたからかもしれませんね。
そして自分自身まだラブライブのルールについてよくわかっていないです…
とりあえず、東京代表は4チームしかいけないってこと?それとも本選自体4チームしか行けないってこと?それじゃあ少なすぎる気も…
ARISEが元々μ'sと同じくらい好きで応援しているので、このあとも出番があると嬉しいな…


では印象に残ったシーンをいくつか。


1

抱きかかえられるウェミチャー。
完全にヘブン状態。見様によってはほのうみ…というかここだけ見るとそうとしか見えない。
ちなみに私は花陽推しです。


2

マイクの前で緊張するウェミチャー。
コラ画像に使えそうだなーとか思ったり。どんなコラかって?言わせんな恥ずかしい///
キャプチャしてないけど花陽も可愛いです。
うみぱなの恥ずかしがっているシーンはとても美味しいですね…
余談だけどここで海未ちゃんが言った「園田海未役の園田海未と申します…」のネタ、同じようなことをライブでも誰かが言っていたような…海未ちゃんの声優さんのみもりんだったかな?
「三森すずこ役の園田海未です」みたいな。


3

「あれってどう見ても…!」「ツバサよね!?」
このシーンすごく好きです。
途中からにこが一緒に入ってくるあたり、二人は考えることが同じでアイドル好きとして似た者どうし、絆を感じるなと。二人の仲の良さが伺える…
いきなり花陽が走り出したらとりあえず凛ちゃんもついてきそうなものだけどなーと思いつつ、凛ちゃんはそこまで花陽にべったりってわけでもないのかな?


4

ふつくしいですね…ツバサちゃん。
可愛さの中に美しさとかっこよさがある。
さすが全国で一番人気のあるアイドルグループのセンターなだけあります。
というか、作画がμ'sよりもARISEの方が気合いが入ってる気がしたんですがねぇ…
ツバサちゃんの前だと「自分が一番!」なにこが鳴りを潜めて、一ファンになってごろにゃんするにこが今まで見ないにこで可愛かったです。
皆の前では「ARISEなんか目じゃないわよ!」みたいなそぶりを見せておいて、昔からARISEを応援してたなんてね…にこ本人的にはARISEのこと、どう思ってるんでしょうか。
高みにいる目標であり、絶対に負けたくないライバルですかね。
私の中では「目標=自分よりも実力が上の存在」「ライバル=力が拮抗している同レベルの存在」というイメージなので、その気持ちが同時にあるとなると複雑なことになってそうです…わかるけどわからないような。


5

あんじゅちゃんのほんわりエロス。そしてエレナの棒演技…ロボットみたいだった。
声の演技に関しては、真姫ちゃんや凛ちゃんの声を初めて聞いたとき「なんやこの棒読みは!?」って思ったけどずっと聞いていたら不思議と癖になる声だったので、演技についてはあまり突っ込みません。(もう遅い


6

ここでハート持ってかれました。
もし私がμ'sのこともARISEのことも何も知らないただの観客で、ラブライブという大会で初めてこの2グループの
パフォーマンスと見たとしたら、文句なしにARISEに投票してたと思います…
μ'sはね。頑張ってる姿を今までずーっと見てきたから、その頑張りを知ってるから、今までもたぶんこれからもずっと応援するだろうけど…
ARISEの場合、一目で人を惹きつける魅力というか、そういうものがあるんだと思います。
実際私は一期から、一目でARISEを見て惚れたくらいですから。出番なくて寂しかったけどね。
努力のμ'sとカリスマ性のあるARISE。もちろんARISEが努力してないなんてそんなこと絶対に言わないけど(ここまでのレベルになるのに血のにじむような鍛錬をしてきたことは予測できます)、
0からの素人がどうやって頂点にいるグループに打ち勝つのか…一期は団結の物語、二期は克己の物語なのかな?克己とはまた違うかな?とにかく高みへ臨む物語というか。


7

歌いだしの部分のウェミチャー。
青い衣装が良く似合いますね…
ここの歌いだしの部分でセンターになってる三人は、それぞれのユニットのリーダーなのかなと思ったり。
それにしてもこのユメノトビラという曲、間奏部分の伴奏が素晴らしく良い…


8

出ました投げキッス。ウェミチャーの必殺技。
キャプチャすることを強いられているんだ!
ちなみに私は花陽推しです。


9

まさに天使か。妖精か。
ことりちゃんの衣装メモに「妖精のようなイメージ」と書いてあったけど、これが一番似合うのは小柄なにこにーじゃないですかね。
毎度毎度ラブライブの舞台セットは学生が準備できる範囲を超えてるよ…
今回はUTXというお金持ち学校が舞台だけれど。スクールアイドルをメインにしてる学校だから屋上にこんなのあっても不思議じゃないけど。


10

こういう、大人数の隊列を意識した振り付けは大好きですね。
他の曲にたとえるとMermaid Festa Vol.1とか。
9人もいるんだから合わせるのも大変だろうなと素人並の感想しかでてきませんが…
ライブでそれを実際にやってのけてしまう(しかも歌いながら)μ'sの中の人たちは特別な訓練を受けているとしか思えない…


11

EDのここのカットがウェミチャーに!
よく考えたら今回のお話、全体的に海未ちゃん推しだったような。
制作側に気合が入ってるなら私のキャプチャ画像が海未ちゃんばかりになるのも仕方ないね。うん。
ちなみに私は花陽推しです。


12

次回予告。
タイトルから察するににこにーの過去話かな?
多分これ、洗濯物が干してあったり私服(パジャマだっけ)のうさみみフードの服を着てることからも、ついににこちゃんの実家が明らかに…
他のカットでまきりんぱなが夕焼けにたたずんでるシーンもあったので、この三人でおうち突撃かな…?
SIDは未読なのですが、ファン向けに双子の妹のこころとここあも出るんじゃないかと予想。
退部届はねー…みんなにこについていけなくなってやめた、とかかな…
あずにゃん問題みたいな。(あずにゃん問題についてはこちらへ http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20090628/p1
まだ四話を見ないことにはにこにーの過去がどんなものだったかについては憶測でしか語ることができないんですけどね。



今回はそんな感じです。言いたいことがまとまらないので見づらくすみません…
また何かあれば追記するかもしれません。

では!('ω')ノ

かねてより自分がやったゲームやアニメの感想を載せるブログというものをやってみたく、始めてみた次第であります。
まだ何もないブログですが、日々感じたこと、考えたことをつらつらと載せていきたいと思っています。

とりあえずは誰かに見られることを意識するというよりは、自分の好きなように語っていくだけになると思うので読みづらいかと…そこはご了承くださいませ。

私自身のことについてはまた追々、記事を書く中で語っていくと思われます…

それでは、私の戯言・妄言にしばらくお付き合いくださいませ。
あなたの心に何かを残せることができたなら、それはとっても嬉しいなって。


あ、一つだけ私のことについて。
崇拝し今でも一番好きなゲームは「素晴らしき日々」です。

179898429

このページのトップヘ